プリザーブドフラワーのある暮らし

お気に入りリンク1

初心者でも楽しめるプリザーブドフラワー

学校に習いに行ったりと本格的に取り組んでいる人だけがプリザーブドフラワーを楽しめるのではありません。やった事がない人でも楽しむ事ができます。

プリザーブドフラワーにおいては、まず花びらに含まれている水分を除去して、好きな色に着色する必要があります。

この作業は自分で行う事もできますし、すでに加工が行われていて、後は自分で組み立てるだという簡単に作れるキットもあります。

また、花材や容器、そしてデコレーションに使う飾りなどは自分のセンスで選ばないといけません。経験のない人は材料選びで上手くいかないという事も度々ある様ですが、キットであれば必要な物は同封されていますので、後は組み立てるだけですね。

ギフトにもぴったりなプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーはドライフラワーと比べると、みずみずしく比べ物にならないくらい美しいです。

たくさんの種類の花を好きな色に着色することも可能なので種類は無限大にあります。それらを組み合わせることで多種多様なフラワーアレジメントができます。

お手入れが不要で長持ちさせることができるのでギフトにもぴったりです。プリザーブドフラワーなら、きっといい花束を作ることができるでしょう。

一見すると万能であるかの様に見えるプリザーブドフラワーですが、短所もないわけではありません。プリザーブドフラワーは普通の花とは全く違うので水には弱いのが特徴です。

水に弱いということは水をあげたり交換する手間がいらないということになります。

プリザーブドフラワーで手作りのウエディングブーケ

プリザーブドフラワーはフランスで生まれました。特別な溶液につけてから乾燥させて仕上げるのですが、生花と違い何年も保つ事が可能です。

プリザーブドフラワーは加工されたものが店で売られているだけではありません。加工に必要な道具をそろえて、自分で普通の花をプリザーブドフラワーへと加工する事もできます。

その為、プレゼントで送っても喜ばれる事請け合いです。ワイヤーを用いて作っていくのですが教室などに通ってから実践した方が良いと思います。

手作りのウエディングブーケをプリザーブドフラワー花ギフトとして、友人の結婚式の時に作ってみてもいいでしょう。とても喜んでもらえるのではないでしょうか。

ネットショップで手作りキットも安く購入できる場合もありますので一度挑戦してみるのも楽しいと思います。説明書もきちんとついていますので、安心です。

本格的に取り組むプリザーブドフラワー

これからプリザーブドフラワーを始めるには、事前に用意しておくと便利な物があります。

ぜひ、本格的に取り組みたいと考えている人は取りそろえておくといいでしょう。まずは、はさみが必要になります。花をカットしたりする時に使用します。

錆びがあると切れにくくなりますので、きれいに切れる物がいいでしょう。プリザーブドフラワーでは花や葉を専用液の中に入れますので、容器が必要になってきます。

花が入る位の容器を見つけましょう。液は3種類必要ですので、容器も3つ同じ物が必要です。作業がしやすい様にピンセットを用意しておきましょう。

また、処理の途中で花材を置いておくトレイなどがあればいいですね。

おすすめのプリザーブドフラワー

結婚式場、結婚式の引き出物選び、プリザーブドフラワーの情報を掲載しております。

結婚式場、結婚式の引き出物選びは何回もあることではないのでよく考えましょう。プリザーブドフラワーの情報は今後増やしていきます。