プリザーブドフラワーのある暮らし

お気に入りリンク2

贈る相手の好みを反映したプリザーブドフラワー

何かプレゼントする際には、相手の好みをしっかりと考えて贈りたいですね。

特にプリザーブドフラワーではいろんな色を自由に付ける事ができますので、いろんなバリエーションがあります。相手の好きな色を考えて選ぶといいかもしれませんね。

また、色だけではなくて雰囲気も考えたいですね。いろんなテイストがあります。ウェディングの際に贈る場合もあります。誕生プレゼントとして贈る人もいます。

他にも、和室に飾る置物として利用する人もいます。プリザーブドフラワーは花だけではなくて、入れる容器やデコレーションする物などによっていろんなバリエーションの作品に仕上げる事ができます。

ケーキのデコレーションとしてのプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは、生花を特殊染料で加工したもので、風合いや質感を残したまま長期間保存することができます。

生花に限りなく近い色鮮やかさや質感、持ちの良さから観賞用やインテリア、お洒落グッズなどに幅広く利用されており、いつまでも美しさが持続するため結婚式や記念日などの贈り物としても最適です。

また、お祝い事には欠かせないケーキのデコレーションとしての利用もお勧めで、横に添えたり、トッピングすれば見た目がぐっと華やかになります。

プリザーブドフラワーはとても軽いためたくさんトッピングしてもケーキが潰れてしまう心配がなく、使われる着色料も食用のものが使われることから安心して利用できます。

プリザーブドフラワーを購入するなら

プリザーブドフラワーを買うならできるだけ、見本やイメージを見る様にするといいでしょう。

特にフラワーアレジメントに使われているプリザーブドフラワーは一種類ではなく、複数の種類の花が用いられる事があります。

プリザーブドフラワーのイメージがすぐにわかない人はできるだけ花の見本を見ておく事をおすすめします。

プリザーブドフラワーは一度購入すると何年もの間、枯らさずに楽しむ事ができますので、贈り物に利用する人も多いです。

プリザーブドフラワーとドライフラワーの違い

いろんな花の楽しみ方がありますのが、その中でもプリザーブドフラワーとドライフラワーは本物の花を使っていますが、これらは全く違う物です。その違いについて見ていきたいと思います。

まずドライフラワーは花を乾燥させます。見た目は変化し、渋みのある色に変化してしまうのが特徴です。触ってみると乾燥していてパサパサします。一度加工を行うと長持ちします。

そして、もう一つのプリザーブドフラワーですが、これは長期保存を行っても見た目は手触りが大きく変わってしまう事がないそうです。生き生きとした花びらはそのまま保存する事ができます。また、本来の花とは異なる色を着色する事もできます。

おすすめのプリザーブドフラワー

結婚式場、結婚式の引き出物選び、プリザーブドフラワーの情報を掲載しております。

結婚式場、結婚式の引き出物選びは何回もあることではないのでよく考えましょう。プリザーブドフラワーの情報は今後増やしていきます。