プリザーブドフラワーのある暮らし

お気に入りリンク5

容器選びが大事なプリザーブドフラワー

生花とプリザーブドフラワーはかなり扱い方が異なります。

生花の場合には、水をあげないといけませんので、花瓶など深さがある容器に入れて飾っておく事が多いかと思います。

しかし、プリザーブドフラワーの場合には、液体にいれて加工する時には、花の部分だけでカットしてしまいます。つまり、茎の部分がない状態にしてしまいます。ですので、水も必要ありませんので、深さが浅い容器に入れて飾る事ができます。

フォトフレームの中に写真を一緒に入れて飾っているのをよく見かけます。また、コサージュに加工したりする事もできます。

完成のイメージに影響するため、容器選びが大事だと言えるでしょう。

花冠をプリザーブドフラワーでつくる

結婚式のときに花嫁さんがつける花冠をプリザーブドフラワーで作ってみてはいかがでしょうか。

作り方はそれほど難しくはありません。用意するものは、好きなプリザーブドフラワー、フラワーアート用のワイヤーとテープです。

作り方は、まず、比較的しっかりとした花の茎で円形を作ります。この部分が冠の土台になります。円形を作るときは、ワイヤーやテープで形を整えます。次に花の下の方からワイヤーを通します。そして、花につけたワイヤーを土台に巻きつけ飾っていきます。最初にどの位置にどのような花を持ってくるのかイメージを作っておくと作業がしやすくなります。

美しさを保ったプリザーブドフラワー

賃貸マンションに引越ししたら環境だけではなく部屋の雰囲気も変わることでしょう。
引越しを機会にインテリアを変えてみたり、花を飾ってみるとより一層素敵な部屋を演出することができます。

プリザーブドフラワー購入後は部屋に飾っておくだけで楽しむことができるので、非常に便利です。

お洒落なプリザーブドフラワーは長期間楽しむことができるので、プレゼントにも最適です。
誕生日やプレゼント、母の日、バレンタイン、結婚祝いに発色が綺麗なので喜ばれること間違いありません。

ブライダルのブーケなどとしても人気があるようですので、一度お店で生花のような美しさを保ったプリザーブドフラワーがどんなものなのか見にいってみてください。

プリザーブドフラワーのサイズ

お部屋に飾るのに、いろんなサイズの作品に仕上げる事ができるプリザーブドフラワーはあらゆる大きさの作品があります。

小さい物であれば、花を一輪だけ使用したブローチなどもあります。コンパクトでかわいい物もあります。大きなブーケや花束になるとたくさんの花材を使用した物もあります。

どの位のサイズの作品が欲しいのかを決めたいですね。お店屋さんで売られているプリザーブドフラワーは実際に見て買う事ができますが、ネット通販で手に入れる場合には、サイズの感覚というのは分かりにくい事もあるでしょう。

物によってはサイズが書かれている事もあります。ぜひ、その様な情報があれば参考にしながら選ぶといいでしょう。

おすすめのプリザーブドフラワー

結婚式場、結婚式の引き出物選び、プリザーブドフラワーの情報を掲載しております。

結婚式場、結婚式の引き出物選びは何回もあることではないのでよく考えましょう。プリザーブドフラワーの情報は今後増やしていきます。