プリザーブドフラワーのある暮らし

フレンドリンク1

短時間で探す結婚式の引き出物

結婚式まで時間がないけれど、引き出物をまだ決定していないという事もあるかと思います。結婚式場が紹介してくれる引き出物の中から選ぶと、時間を短縮する事につながる事もあるかと思います。

結婚式の引き出物を決める際に個別に贈り分けをすると時間がかかってしまう事がありますので、時間を短縮するには、いくつかのグループに分けて選ぶと楽にできるでしょう。

また、結婚式に招待するゲストの人数が多い場合には、引き出物の数もたくさん必要ですので、お店は在庫の確保をする必要があります。結婚式の引き出物は優先的に決定する様にしたいですね。こだわる点とこだわらない点をはっきりさせるといいかと思います。

結婚式場に引き出物を持ち込めるの?

結婚式場に外で購入した引き出物を持ち込むことができるのでしょうか?

これは結婚式場によって制度が変わっているのですが、多くの所では式場で購入せずに外から購入したものを持ち込みたい場合には、持ち込み料がかかるところがあります。何かと組み合わせることで値引きになることもありますが、そういったことを使用せずにやりたいのであればもともと持ち込み料が安い所を選んだ方がお得です。

またプチギフトなども一つ一つ、持ち込みを考えている人はどういったものに費用がかかって総額がいくらくらいになるのか見積もりを出してもらってから式場を決めることをお勧めします。

結婚式の引き出物の歴史

結婚式の引き出物の歴史についての所説は、宴の主催者がゲストのお土産となる馬を、引いて見せたことが始まりだとされています。この頃にはお土産の品として用意されていましたので、特に区別はなくゲストに対して同じものを渡していました。

時代が急速に変化した現代においては、一人ひとりのゲストに対して、喜んでもらえるように適した引き出物を渡すようになっています。この贈りわけについては、必ずしもしなければいけない事はありませんが、ここ最近の流れとして出てきていることがあげられます。

このように時代やマナーを考慮したものを渡すと喜ばれることでしょう。

結婚式の料理によって引き出物の金額も決まります

引き出物は、基本的に新郎新婦が自由に選択をして、良い事になっています。新郎新婦の共通の趣味のグッズを渡す人もいれば、定番商品を渡す人もいます。

引き出物には相場があり、結婚式で提供する料理の、3分の1程度に収めることが理想です。特定の商品を、お礼としてどうしても渡したい場合は、料理の値段を上げるとか工夫をしなくてはいけませんし、お礼の品は何でも良いですが、相場も気にしながら選択をするようにしてください。

お礼の品で、式の印象が決まると言っても過言ではないので、慎重に選択するようにして良い式を挙げるようにしましょう。

おすすめの引き出物

結婚式場、結婚式の引き出物選び、プリザーブドフラワーの情報を掲載しております。

結婚式場、結婚式の引き出物選びは何回もあることではないのでよく考えましょう。プリザーブドフラワーの情報は今後増やしていきます。