プリザーブドフラワーのある暮らし

長持ちさせるポイント

お手入れに関してはほとんど必要なく、保存にそれほど神経質になる必要がないのがプリザーブドフラワーの特徴です。

しかし、環境によってどのくらい持つのかは多少異なってきます。できる事なら美しい花をできるだけ末永く楽しみたいものです。

プリザーブドフラワーが誕生したのは日本ではなく海外です。海外では日本の気候とはがらりと異なり、湿度が低いのが大きな特徴です。
また温度も異なります。そのため、日本でプリザーブドフラワーをより長く楽しむには湿気を取り除いてあげる必要があります。

プリザーブドフラワーは湿気に弱いのです。そのため、多湿な日本の気候には本来はあまりふさわしくありません。しかし、透明のケースの中に入れて除湿剤などを利用してあげるといい環境を保つ事ができます。

また、日光が直接当たるのもあまりよくありません。日光があたると劣化の原因にもなると言われています。

お部屋の中に置いている場合でも日光が当たる事もあります。
その場合はカーテンを閉めたり、家具などの影になる様な場所に置くなど少し工夫してあげると問題ないでしょう。

長期間保存することができるプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーはプレゼントに最適なのではないでしょうか。

プリザーブドフラワーは誕生してから短い時間の間に日本にも伝わる様になり現在ではあちこちで見かける様になりました。プリザーブドフラワーは持ち運びやキープする事を考えるととても便利な物です。

元々は本物の花であるにも関わらず、普通の花と同じ世話は必要ありません。花は生き物ですので扱いに困ってしまう事もありますが、プリザーブドフラワーであれば物として扱う事ができます。

お部屋の中にインテリアとして飾っておくのはもちろん、大切な人への贈り物としてもおすすめです。プリザーブドフラワーがあれば、あなたの日常をもっと華やかなものにしてくれる事間違いないでしょう。

プリザーブドフラワー専用の花材

自分でプリザーブドフラワーをアレンジしたい場合には、花材と飾りを手に入れるだけで後は加工するだけとなります。

プリザーブドフラワー専用の花材は他の物とは違い、すでに保存加工が施された状態で売られている物もあります。何種類かの花材をまとまりが出るようにしっかりと選んで、後は組み合わせて飾りをつけていきます。

いろんな種類の花がありますので、花のイメージ、ボリューム、飾った時の雰囲気などをしっかりと考えて選びましょう。複数の種類の花を使う場合には全体的な配色にも気を配りましょう。

また花によってはサイズが違うので、サイズの違った花を使う場合にはその比率に気をつけるようにしましょう。

ハローウィンで大活躍のプリザーブドフラワー

昔とは違って、ここ数年ではお店に行くとハローウィンのグッズがたくさん売られる様になりました。家で友達を呼んで、仮装したり、お菓子をプレゼントしたりして、パーティーしたりする事もある様です。

ハローウィンはとても楽しいイベントの一つであり海外では、親しまれています。ハローウィンの時には、プリザーブドフラワーが大活躍する事もあります。

プリザーブドフラワーというのはデコレーションのアレンジにおいて幅が広いので、こうもりやカボチャまたはクモなどの置き物などと一緒に飾ると、一気にパーティーのムードを出せそうですね。きっと、イベントをもっと楽しいものにする事ができるでしょう。

おすすめのプリザーブドフラワー

結婚式場、結婚式の引き出物選び、プリザーブドフラワーの情報を掲載しております。

結婚式場、結婚式の引き出物選びは何回もあることではないのでよく考えましょう。プリザーブドフラワーの情報は今後増やしていきます。